株式会社 清井設計工務

〒615-0056
京都市右京区西院西貝川町42
TEL:0120-513-889
FAX:075-864-7109

絶滅する前にできること

KES審査時に、環境についてのお話しを聞き、このようなプロジェクトがあると知りました。
絶滅のおそれのある野生生物の絶滅回避に向けた取組みです。・・絶滅する前にできること・・
大変興味深く、ぜひ取組みたいと思い今回このようなプロジェクトに参加する事を決めました。

まずは、少し説明をさせていただきます。

京都府版レッドデータブック【解説参照】は2002年に発行され、種子植物についてみると、57種が絶滅種、162種が絶滅寸前種、141種が絶滅危惧種となっていました。
2013年8月、2002年版を改訂したレッドリストが発表されました。2013年版では、種子植物のかなりの種数の危険度がアップ(新規掲載50種、アップリスト188種)しました。
京都府内の種子植物の総数約2,350種の31.4%がノミネートされたことになり、「これは全国的に見ても非常に高い数値である(前回は約24.2%)としています。

【解説】環境省レッドリストとレッドデータブック

 『環境省レッドリスト』とは、日本に生息する生きものを種ごとに絶滅のおそれの程度を評価して、絶滅のおそれのある種を選定したリストです。また、『レッドデータブック』とはレッドリストにまとめられた生きものに関するデータや解説をのせた本で、絶滅危惧種の保護に活用されたり、国民に広く知ってもらうために作成されています。
 レッドリストやレッドデータブックでは、絶滅のおそれの程度によって、ランクに区分けしていて、そのうち絶滅危惧Ⅰ類~Ⅱ類までに選定された種を「絶滅危惧種」としています。

  ●絶滅・・・・・・・・日本ではすでに絶滅したと考えられる種
  ●野生絶滅・・・・飼育・栽培下でのみ存続している種

  【絶滅危惧種 3,155種】
  ●絶滅危惧Ⅰ類・・・・・・絶滅の危機に瀕している種
   ・絶滅危惧ⅠA類・・・・ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
   ・絶滅危惧ⅠB類・・・・ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの

  ●絶滅危惧Ⅱ類・・・・・・絶滅の危険が増大している種

  ●準絶滅危惧・・・・・・・・生息状況の変化によっては絶滅危惧種に移行する種

  ●情報不足・・・・・・・・・・評価するだけの情報が不足している種

鉢への植え付け 2015年6月29日 


こちらは、フタバアオイ(ウマノスズクサ科)です。

葵祭りに欠かせないフタバアオイは上賀茂・下鴨両者の境内周辺によく見られた植物でしたが、近年激減し、祭にも影響を与えています。『葵プロジェクト』と学校、企業、などの「里親」によって保全繁殖が図られています。

来年の5月上旬に、上賀茂神社に奉納(里帰り)できるよう大事に育てていきたいと思います。


こちらは、キクタニギク 菊渓菊(キク科)です。

和名は京都東山のかつての菊の名所「菊渓(きくたに)」に由来しますが、現在に東山では自生は確認できません。府内の自生地もシカの食害などにより、ますます減っています。
草丈60~90㎝程度。葉の色は明るく、葉質は薄く、5裂し、互生します。ふちに鋸歯、両面に細かい毛があり、ざらざらします。
晩秋、枝先に10~15㎜ほどの小さな黄色の花をつけ、長ければ1ヶ月間次々と花を咲かせます。
朝方や夕方に花に日が当たると、金色に輝くようにも見えます。植物学者・牧野富太郎(1862~1957)はアワコガネギクと名付け、現在もこの別名を採用している図鑑もあります。また、アワコガネギクの名で園芸品種が流通しています。


初めてのプロジェクト参加は、この2種の植物の育成をしてみることにしました。
貴重な植物を育てていくにあたり、緊張と不安が少しありましたが、何かあった時のために相談所ももうけていただいているので大変心強いです。
一生懸命、取り組んでいきたいと思います。


約1ヶ月が経ちました 2015年7月27日


日陰で順調に元気いっぱい育っております。
毎日、水やりをして観察をしていると愛着がわいてきます。
どちらかといえば、キクタニギクよりフタバアオイの方が、難しいのでは・・と思ってましたが、
今のところ元気いっぱいで一安心です。
この調子で、夏を乗り切ろう。


3本のうち、2本の成長がすごく遅くて心配してました。
葉の色も少し気になっていました。

ここ最近の厳しい暑さで2本が残念なことに・・・
ここからの復活は、なさそうですがこのまま様子を見てみます。
奇跡は起こるのか!?
あと1本は何とか頑張っております。
なかなか難しいですね。
暑さに負けず 2015年8月19日


やはりキクタニギクは枯れてしまいました・・
鉢植えをしているときは、こんなに早く枯れると思っていなかったのですごく残念です。

そんな中、フタバアオイは元気に育っております。
暑さに負けず頑張ってくれています。

葉っぱも健康的で、夏を越せそうです。
届きました 2015年9月14日


それぞれの植物のプレートが届きました。

届く前に枯れてしまったので・・それほど早く枯らしてしまったのだなぁと改めて反省しました。
次回は、もっとアドバイスを聞いて情報を集めようと思います。
2015年9月30日


葉の端が少し枯れてきました。
冬には、葉が全部なくなってしまうと聞いておりましたが、思っていたよりも
変化が早かったので少し心配です。
2015年10月20日


葉の端が少し枯れてから少し経ちましたが、それ以降の大きな変化はなく
元気に育っております。

こんなに植物の観察をしたのは、小学校以来でしょうか・・
すごく愛着がわいております。

もうすぐ寒い冬がやってきます。頑張っておくれフタバさん。
2015年11月24日


寒くなるにつれて、どんどん葉がなくなり、残り1枚になりました。
水は、土が乾いてきたらあげるようにしております。
葉は、なくなっていくものの、根はしっかりしており元気そうです。
2015年12月21日


葉は全てなくなりました。
あんなに元気だった葉が全てなくなり、こんな状態になるとは・・

根本は、変わらずしっかりしてます。
2016年1月25日


少し日に当てたり、調整しながら根本の様子をよく観察しております。
冬を無事に乗り切り、新芽が出てきそうです。

2016年2月29日


きれいな元気な葉が出てきました。
天気がいい日が多く、葉が出てきてからこの大きさになるまで、
あっという間でした。

夏を乗り越え・・冬を乗り越え・・元気な葉がでできてくれて本当に嬉しいです。

2016年3月25日


葉の数もだいぶ増えました。
植栽した当初より、変化がすごくあり楽しいです。
小さくかわいらしいお花も咲きました。
春ですね~♪

【ここで少し・・】
フタバアオイは、アオイ科ではなく、ウマノスズクサ科の多年草で
『細やかな愛情』という花言葉を持っています。

フタバアオイ上賀茂神社に奉納 2016年5月7日







葵祭で使うフタバアオイの奉納式に行って参りました。

この日は、学校・団体・企業の約80人が参加し、全国から戻った約200株を植えました。

一年間大切に育てたフタバアオイを無事、上賀茂神社に奉納する事ができ嬉しく思います。
奉納式の後は、特別参拝させていただき丁寧に説明もしていただきました。

今後もプロジェクトに参加していきたいと思います。